近距離引越しでも郵便移転手続きをする

近距離引越しですから、郵便番号は変わりませんが、住所が変わるので転居届けが必要です。

 

郵便局にいくと、転居届けのハガキがあります。

 

このハガキに、新しく引っ越す住所を記入し、ポストに投函するだけです。

 

この手続をしておけば、旧住所宛の郵便物を、1年間新しい住所に自動転送してくれます。

 

この手続は、インターネット『転居届け』でも可能です。 ※郵便局の転居・転送サービスへはココをクリック!

 

あくまでも郵便局の郵送物のみです。宅急便の転送はしてくれません。

 

 

引越当日に、予期せぬ宅配便対策として、郵便受けをガムテープなどで塞いでおくと良いでしょう。

 

 ⇒転居しました! みたいなメッセージを入れて。

 

クロネコヤマトはweb会員であれば移転サービスをしてくれます。

 

 

近距離の引越し費用を1週間で、2時間で大幅に安くする作戦!>>>