旧居のご近所へのご挨拶方法

  • 旧居でお世話になった方
  • ご近所づきあいをしていた方

 

には、必ず引越しの挨拶をしましょう。

 

何の挨拶もなく立ち去るのは、お互いに気持ちの良いものではありませんよね?

 

心にしこりが残るような行動をとらないよう、しっかりご挨拶をしておきたいものです。

 

 

旧居でお世話になったご近所の方には...

 

やはり直接お会いして、ご挨拶をするのが一番良いです。

 

ただし、引越しまでに時間があまり無く、挨拶をする機会がない場合は、先に挨拶状を送るようにしましょう。

 

挨拶状には

  • お世話になったお礼
  • 引越し予定日
  • 新居の住所

を記載して、引越し前にお伝えをしましょう。

 

その挨拶状をきっかけに、忙しい中でもお会いできる機会ができるかもしれません。
あくまで引越しをするのはあなたですから、あなたから行動をしなければ何も始まりません。

 

また、親しくしていた友人や知人にはできるだけ早めに引越しすることを伝えましょう。

 

連絡が遅くなってしまうと、今後の関係にヒビが入ることにもなりかねません。

 

今までのおつきき合いの程度にもよりますが、今後もお付き合いを続けていく関係にあるのなら、
新居の住所などを事前に余裕を持ってお知らせしておきましょう。

 

 

引っ越し日、および作業中は...

 

トラックの駐車や業者の荷物搬入出などで隣近所の人に何かと迷惑をかけてしまいます。

 

事前に一言お声がけしておくことも、相手の身になって考えてみると必要事項です。

 

旧居・新居にかかわらず、事前に一言お知らせしておくだけで、引越し時の騒音によるトラブルなどを解消できます。

 

 

旧居でのご挨拶品は?

 

親密なおつきあいをされていたのでしたら、カタログギフト券などはお相手にも喜ばれます。

 

一般的なご近所の場合は、新居でのご挨拶品と同じ500円程度のモノで良いでしょうね。
楽天市場だと「のし付き」でも500円以下でたくさんあります。⇒楽天市場引越し挨拶品 

 

物の云々よりも『挨拶をすること』のほうが重要なのです。

 

 

近距離の引越し費用を1週間で、2時間で大幅に安くする作戦!>>>